HOME > TOPICS

【お礼】特定非営利活動法人natural science理事の大草よしえが仙台市議選に立候補

文責:大草 芳江 (2019年8月28日) カテゴリ:TOPICS(48)大草 芳江(25)

 このたびの仙台市議会議員一般選挙(8月25日投開票)につきまして、誠に残念ながら、当選に至ることができませんでした。皆様からあたたかく応援・ご支援いただいたにもかかわらず、当方の力が及ばず、誠に申し訳ございませんでした。

 今回の選挙活動は、「科学教育」という単一公約のため、万人受けを狙ったキャッチコピーやイメージ等は用いず、これまでの活動実績をベースに当方が実現したい趣旨を伝える形で、不特定多数層の方に訴える選挙カーや街頭演説等の一般的な選挙活動は行わずに、これまでの活動で知り合った方を中心に、主にメールや選挙公報を用いて当方の趣旨を直にお伝えする形で選挙活動を行いました。

 その結果、当選には至らなかったものの、後援会や推薦等といった組織的な後ろ盾がない中、法定得票数を超える2,880人の方からご賛同いただけたことは涙が出るほど有り難く、大変勇気の湧く結果でした。大草よしえを応援・ご支援いただきましたすべての皆様に心より感謝申し上げます。

 また、今回の選挙を機に、これまで私どもの活動をご存じなかった方からも、「選挙広報やビラで初めて活動を知って、感銘を受けた。ぜひ応援したい」といった応援のメールやお電話等を多数いただいたことも、当初は想像していなかった大変嬉しい反応で、非常に心強く感じました。

 逆に言えば、それほど多くの方が「日本の科学教育を根本から何とか変えなければ、本当にこの先、日本は立ち行かなくなる」という強い危機感を抱いており、その現状を地方からなんとか変えることを強く望んでいることが、今回いただいた票の意味であったものと重く受け止めております。

 今回の選挙は、ひとえに私の力不足で当選は叶いませんでしたが、現状を地方から変えなければならない必要性をますます強く感じた次第です。そのためにも、今後、より多くのご視点からご意見等いただきながら、その実現までの道筋をつくっていく必要があると考えております。もしよろしければ、ぜひご意見等いただけましたら幸いです。

 まずはご報告とお礼のみにて失礼いたします。どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

 大草よしえ



▲このページのトップNPO法人 natural science トップ

関連記事

TOPICS







大草 芳江







▲このページのトップNPO法人 natural science トップ