TOP > Report > 体験型自然科学の教室

体験型自然科学の教室
Report

2006/09/10 sun.10:00-12:00
第5回体験型自然科学の教室「海の教室」

はじめに/第5回 体験型自然科学の教室 海の教室「海の生き物たちが 動くしくみを 一緒に実験しよう !」


蒲生干潟とは?

干潟とは,潮の満ち引きで,水の中に入ったり,水面から出たりする湿地帯のことです。 干潟には,栄養をたっぷり含んだドロがたまるため,たくさんの生き物が住んでいます。 蒲生干潟は、国設仙台海浜鳥獣保護区の特別保護地区に指定されている、 自然豊かな干潟であり、学術的・保全的観点から見て貴重な場所です。

干潟は、天然の下水処理場。そして干潟は、天然のファミリーレストラン。

干潟をシャベルで掘り起こすと、中からカニ・ゴカイ・貝類がごそごそと顔を出します。彼らの食べ物は、泥や水の中の汚れ(有機物)なので、彼らのお食事によって、干潟から汚れが除去されていきます。まさに、天然の下水処理場です。そして、彼らは鳥や魚のえさとしてもとても重要です。ですから鳥や魚たちにとって、彼らは魅力的なファミリーレストランとも言えるのです。
(参考:蒲生を守る会「生命の宝庫・・・蒲生干潟【自然と生物のガイドブック】」)

お父さんの「発見」メモより 「楽しいカニ掘りのしかた」



  1. 浜辺でカニの穴を探す。
    穴の近くに小さな泥団子がある。これが目印。
  2. 穴に白砂(乾いた砂)を静かに優しく入れる。(ここがポイント)
    ※これが彫っていくときの目印になるんです。
  3. 口元まで砂を入れたら、掘削開始!白砂を目印に掘り進むのだ!
  4. 掘り始めて2時間、じゃなくて2分。深さで約30cm。

    浜辺で探すと、けっこうビックサイズなものもいるし、子ども達は、 砂を掘っていく時の「わくわく感」がたまらないみたいでけっこうはまってました。

今回初めて参加しましたが、
蒲生にこんな穴場があるとは知りませんでした。
何よりも、あまりきちっと型にはまっていないイベント。
まずは子供達が楽しく安全に自然と触れ合いながら遊べればOKというスタイルが好感を持ちました。
今度は、山で開催するとうかがいました。
また参加したいと思います。
子供たちももうすでに次回は楽しみにしているようです。
※取ったカニを数えたら、125ひきいました。
えーもってかえるの。。。




NPO法人 natural science

Report 活動報告

Category カテゴリ



Warning: include(): http:// wrapper is disabled in the server configuration by allow_url_include=0 in /home/xsvx1015071/natural-science.or.jp/public_html/report/taiken-class/20060917134639.php on line 373

Warning: include(http://www.natural-science.or.jp/log/all_latest.data): failed to open stream: no suitable wrapper could be found in /home/xsvx1015071/natural-science.or.jp/public_html/report/taiken-class/20060917134639.php on line 373

Warning: include(): Failed opening 'http://www.natural-science.or.jp/log/all_latest.data' for inclusion (include_path='.:/opt/php-7.0.33-webp/data/pear') in /home/xsvx1015071/natural-science.or.jp/public_html/report/taiken-class/20060917134639.php on line 373