HOME > natural science Laboratory > ものづくり講座 > ものづくり講座 授業日誌 > 基礎編

【2008.07.08】
ロボットの足を動かそう1

文責:八重樫 和之 (2008年7月10日) カテゴリ:基礎編(351)

今日の目的

今回からソフトウェア編です。ソフトウェア編ではロボットのマイコンプログラミングの技術を徹底的に鍛えます。第一回目はまずプログラミングの仕組みを学び、ロボットの足を動かしてみます。さらに、前進・左折・右折・後退・停止を自由自在に操ってロボットのモーター制御をマスターしましょう!!

授業構成と授業の様子

授業の前半ではロボットにおけるソフトウェアの役割について学びました。電子工作基礎編ではマイコンを用いて電圧の制御を行いLEDの点滅や電子音を鳴らしました。これに対し今回からはロボットのモータにかける電圧を制御することでモータの回転方向、回転速度を制御しロボットを自在に操ります。
ソフトウェアの役割を学んだ後は、実際にプログラミングを行いロボットのモータを制御する実験をしました。マイコンに書いた命令文に対してロボットがどのような動きをするのか?それは電気回路上ではどのようなことが起きているのかを調べます。今回の実験でロボットの進行方向、進行速度の制御の方法をマスターしました。

次回の講義

次回講義は今回学んだロボットのモータ制御の方法を組み合わせてロボットに回転を始めとした様々な動きをさせてみます。



タグ: ,

▲このページのトップNPO法人 natural science トップ

▲このページのトップNPO法人 natural science トップ