HOME > natural science Laboratory > ものづくり講座 > ものづくり講座 授業日誌 > 基礎編

【2008.10.16】
思わぬ結果で考える部品の性質

文責:佐瀬 一弥 (2008年10月16日) カテゴリ:基礎編(351)

4期生は電子部品の役割を学んでいます。抵抗、ダイオードからコンデンサ、トランジスタなどロボットの制御回路を作るために必要な部品を扱います。今回は、コンデンサとトランジスタの性質を応用した2つのLEDが交互に点滅する回路を作成しました。原理理解よりも回路図を読んで回路が作れることを目標としていましたが、完成した回路の挙動が不思議だったので、なぜこうなったかを考える機会ができました。なぜこうなったかを考えることがトラブルシューティングの基本です。この原因は現在調査中です。生徒の小さなミスで部品の本質的な性質が出てくるのはおもしろいです。


授業の様子



▲このページのトップNPO法人 natural science トップ

▲このページのトップNPO法人 natural science トップ