HOME > natural science Laboratory > ものづくり講座 > ものづくり講座 授業日誌 > 体験編

【2009.03.06】
メロディをプログラミングしてみよう!!

文責:八重樫 和之 (2009年3月 6日) カテゴリ:体験編(180)

Y下君(ものづくり講座4回目,4年生) O井君(ものづくり講座4回目,3年生),M浦君(ものづくり講座3回目,2年生)は今日からマイコンプログラミングに挑戦です。 オルゴールに好きなメロディを奏でるようにプログラミングをします。 ではどうすればいいでしょうか。例えば私たちが音楽を奏でようと思ったときは、楽譜を読み、ピアノやギターなどの楽器を演奏します。 電子回路も実は同じです。楽譜を読み、オルゴールで鳴らしたいメロディを書き込みます。ドレミファなどの音階は音の周波数、四分音符,全音符はどれくらいの時間同じ周波数の音を繰り返すかです。 以上についてあらかじめ用意してある関数を打ち込みプログラムを組んでいきます。そして、マイコンに書き込み鳴った音を聞きながら音程のミス、音の長さのミスを修正していきました。

このように、オルゴールのソフトウェア製作を通してプログラムを考えて書き、結果を聞きながらどこがおかしいかを考えるというトラブルシューティングを行いました。次回は今回作ったメロディの修正をすると共に、少し長めの曲に挑戦してみましょう!!

yattemiyou090306.gif



▲このページのトップNPO法人 natural science トップ

関連記事

体験編







▲このページのトップNPO法人 natural science トップ