HOME > natural science Laboratory > ものづくり講座 > ものづくり講座 授業日誌 > 体験編

【2009.3.26】はかる力をつける

文責:佐瀬 一弥 (2009年3月26日) カテゴリ:体験編(180)

はかってみようさんの授業では、自分で測る力をつけることを重視します。 授業のはじめにみんなでテスターの使い方を確認する時間をつくっています。 今回は電池の残量の測り方です。 テスターのつまみを回して電圧測定モードに合わせます。 次に、赤のピンを電池のプラスに黒のピンを電池のマイナスに当てます。 そして、画面に表示された値を読みます。 この作業をとおして、単位の読み方を覚えたり、電圧の概念などを考えたりするきっかけになればと考えています。
S木くん(小学1年生、体験編7回目)は、I藤くん(小学5年生、体験編4回目)に 助言をもらいながら9Vの電池の残量を測る練習をしました。 測る動作を習慣づけることで、うまくいかないときは、まずは測って自分で考えるようになることを目指します。 これからもいろいろな測る動作のパターンを取り上げるので、 自分ひとりでできるように練習しましょう。




▲このページのトップNPO法人 natural science トップ

関連記事

体験編







▲このページのトップNPO法人 natural science トップ