HOME > natural science Laboratory > ものづくり講座 > ものづくり講座 授業日誌 > 基礎編

【2009.05.01】入力関数と条件分岐

文責:佐瀬 一弥 (2009年5月 1日) カテゴリ:基礎編(351)

S宙君(小学校5年生、ものづくり講座4ヶ月)は、C言語の基礎を学んでいます。 今日はscanfの使い方とif文について勉強しました。
まずはサンプルプログラムをそのまま打ち込んで試しに関数を使ってみます。 実行結果とソースファイルを見比べて、関数の機能を理解したら、課題のプログラムをつくってもらいます。 今日の課題は、前回の四則演算のプログラムに、scanfで入力の機能を付け加えた計算プログラムをつくることです。 まずは、入力した2つの数字の和を出力するプログラムからです。 そして、入力する数字の数を増やしたり、演算を変えてみたりしてみました。 いろいろなプログラムを作ってきたので、だんだんコンパイルの作業もなれてきたようです。
次回はif文を使ってクイズのプログラムを作ってみます。


C言語を学ぶS宙くん



▲このページのトップNPO法人 natural science トップ

▲このページのトップNPO法人 natural science トップ