HOME > Journal and Conference > natural science 学会 > 第1回 natural science 学会

2009.07.04(学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ 2009」内)
natural science 学会

文責:林 叔克 (2009年6月29日) カテゴリ:TOPICS(30)第1回 natural science 学会(17)

専門分野の枠にとらわれないニュータイプの学会「natural science 学会」

20090609.jpg

【日時】 口頭発表の部...7月4日(土)11:00~13:30、体験ブース発表の部...7月4日(土)14:00~17:00
【会場】 口頭発表の部...東北大学片平さくらホール2階会議室、体験ブース発表の部...同1階ラウンジ
【費用】 無料
【申込】 不要
【内容】自然現象に対して、研究者が主体的な見方を提示し、科学のプロセスを明らかにすることで、専門外の研究者や専門知識を持たない人々に対しても、科学の面白さが伝わる新しい学会。
領域 領域代表 領域アドバイザー
領域1
【物理から生物】
沢田康次
(東北工業大学学長)
武田曉(東京大名誉教授、東北大名誉教授)
領域2
【物理から環境】
今村文彦
(東北大学大学院工学研究科 災害制御研究センター)
佐々木俊三(東北学院大学教養学部 学部長)、湯本良次(東北学院榴ヶ岡高校 副校長)
領域3
【生物から環境】
本川達雄
(東京工業大学 生命理工学部)
菅原研(東北学院大学 准教授)、千葉聡(東北大学大学院生命科学研究科 准教授)

発表題目

領域1 アリの行列とバスのダンゴ運転 ○友枝明保1,2、西成活裕2,3 1.明治大学先端数理科学インスティテュート、2.東京大学工学系研究科、3.独立行政法人科学技術振興機構さきがけ
ボトルネックにおける人の渋滞軽減方法 ○栁澤大地1,2、西成活裕1,3 1.東京大学大学院工学系研究科、2.(独)日本学術振興会特別研究員DC1、3.(独)科学技術振興機構さきがけ
視覚情報の遮断によるヒトの視覚運動機構の変化 ○田村友里恵1,3、林叔克2,3、沢田康次2 1.東北学院大学教養学部、2.東北工業大学、3.NPO法人naturalscience
エチゼンクラゲの工業材料への有効利用研究 勝然 勇也・三浦 拓也・諏訪 勇麻・阿部 令・佐々木 卓博・鈴木 真・遠藤 雄飛・小野 浩明・東 兼規・山田 有理・伊藤 大将・小川原 佳希・今野 優也・佐々木 祐香・門馬 裕里・山内 透也 宮城県石巻工業高等学校
ヒトの運動制御システムの解析 ~ヒトによる倒立振子の制御~ ○佐瀬一弥1,3、林叔克2,3 1.東北大学工学部、2.東北工業大学、3.NPO法人naturalscience
領域2 津波と地球科学 今村文彦,越村俊一,後藤和久,菅原大助,萱場真太郎,高橋潤,橋本貴之,川俣秀樹 東北大学大学院工学研究科附属災害制御研究センター
津波と地球科学―恐竜絶滅の隕石衝突と地球史上最大の津波― ○後藤和久1、菅原大助2 1 . 東北大学大学院工学研究科、 2 . 東北大学大学院理学研究科
地層に残る津波の証拠―仙台平野を襲った平安時代の津波― ○菅原大助1 、今村文彦2 、後藤和久2 1.東北大学大学院工学研究科、2.東北大学大学院理学研究科
領域3 逃げるカタツムリと追いかけるヘビ ○細将貴 東北大学大学院生命科学研究科
小数の働きアリが示す活動のリズム ○結城麻衣1,4、菅原研1、林叔克2,4、菊地友則3、辻和希3 1.東北学院大学教養学部、2.東北工業大学、3.琉球大学農学部亜熱帯動物学講座、4.NPO法人naturalscience
女王蟻によるパトロール行動のモデル化とパトロールの最適化問題 ○八重樫和之1,5、林叔克2,5、菊地友則3、菅原研4、辻和希3 1.東北大学工学部、2.東北工業大学、3.琉球大学農学部亜熱帯動物学講座、4.東北学院大学教養学部、5.NPO法人naturalscience


▲このページのトップNPO法人 natural science トップ

関連記事

TOPICS







第1回 natural science 学会







▲このページのトップNPO法人 natural science トップ