HOME > natural science Laboratory > ものづくり講座 > ものづくり講座 授業日誌 > 体験編

【2009.08.28】オルゴールの修復とプログラミング

文責:結城 麻衣 (2009年8月28日) カテゴリ:体験編(180)

前回の授業でオルゴールのハードウエアがほぼ完成したO内くん(小学5年生、ものづくり講座1ヵ月)は、最初にオルゴールで流すプログラムの作成に入りました。選曲は「となりのトトロ」で、楽譜を読み1行作ったところで、一度オルゴールで流して見ることに。マイコンをセットし、電源を入れてみると、動きません。スイッチ傍のLEDも光っていないことから確認し見たところ、スイッチに配線がなっていませんでした。その部分を直しまし、LEDは光るようになりましたが、今度は音が鳴りません。チェックしてみると、スピーカーの線を電池の配線と勘違いしたのか、+極とグランドにつなげていました。スピーカーを直すと今度は、スイッチを入れてなくても音楽が流れるようになってしまいました。おそらくスイッチからの回路におかしいところがあると思われます。来週は回路の確認と、作成したプログラムをマイコンに入れて聞いてみましょう。

yuki090828_01.jpg


タグ: ,

▲このページのトップNPO法人 natural science トップ

関連記事

体験編







▲このページのトップNPO法人 natural science トップ