HOME > natural science Laboratory > ものづくり講座 > ものづくり講座 授業日誌 > 体験編

【2010.4.9】
修行二日目(並列回路)

文責:本間 寛人 (2010年4月 9日) カテゴリ:体験編(180)

マイコンカー作成が二日目に入りました。あまり進んでないように見えますが、丁寧にやりすぎた結果です。
今日は並列回路をつくることに時間を費やしました。写真下のメモ用紙に書いた回路をスイッチ付近につくる作業です。

この作業をしていて思ったのは、元からある回路図をそのまま読み取るのではなく、自分の手を動かして、自分にとってわかりやすい回路図を作ってみると、実際の半田ごてを使った回路作成が手際よく進むことでした。

次はセンサー回路(白い部品)と中央左の黒い部品をつなぐ作業、言い換えれば、マイコンカーの頭脳と手足を神経(導線)でつなぐ作業です。相手は電子部品ですが、見方を変えれば、『手術』ともいえると思います。電池はマイコンカーの全身にエネルギーを送り出す心臓といったところでしょうか?


作業速度は遅いですが、作り終わった後、きっと、愛着が出るマシンになる気がします!これからもマイペースでどんどん進めて行きたいと思います。


ありがとうございました。

hirohitox2.jpg


タグ: ,

▲このページのトップNPO法人 natural science トップ

関連記事

体験編







▲このページのトップNPO法人 natural science トップ