HOME > natural science Laboratory > コンピュータ・シミュレーション講座 > 仮想物理実験室

シュレディンガー方程式に従う粒子の時間発展
無限に深い2次元井戸型ポテンシャル2

文責:遠藤 理平 (2010年10月13日) カテゴリ:仮想物理実験室(247)

シュレディンガー方程式に従う粒子の時間発展3:無限に深い2次元井戸型ポテンシャルの時間発展では、 波数空間におけるガウス分布の中心(k_0)が0の場合の時間発展を行いました。 本節では、k_0 が有限の場合のシミュレーションを行います。これまでと同様一辺が L=10[nm] の2次元井戸型ポテンシャルを想定します。

(k_0x, k_0y) = (10,0) の場合の波数空間におけるガウス分布

>(k_0x, k_0y) = (10,0) の場合の時間発展

縦軸:実空間 x 0と10[nm]がポテンシャル障壁
横軸: 実空間 y 0と10[nm]がポテンシャル障壁
色:黒色→存在確率0
パルスの中心座標:r_0 = (L/2,L/2)
時間間隔: 10^{-15}[s]

考察

考察については、また後日あらためて行ないます。

VisualC++ + gnuplotによるアニメーション

後日あらためて公開します。



▲このページのトップNPO法人 natural science トップ

関連記事

仮想物理実験室







▲このページのトップNPO法人 natural science トップ