HOME > natural science Laboratory > コンピュータ・シミュレーション講座 > 仮想物理実験室

gl.drawElementsによるプリミティブの描画で遊んでみよう!「ランジュバン方程式」

文責:遠藤 理平 (2012年10月 4日) カテゴリ:WebGL(46)仮想物理実験室(277)

本稿は、「仮想物理実験室構築のためのOpenGL入門」のコンテンツです。 詳細はこちらをご覧ください。

gl.drawElementsによるプリミティブの描画の例として、ランジュバン方程式に従う粒子のシミュレーションを行います。 ランジュバン方程式とは、ポテンシャル場を運動する粒子にランダムな外力と粘性抵抗力が加わった系に対する運動方程式で、 空気中を漂う着目した1つの分子の運動を記述します。本シミュレーションでは、方程式を数値計算する際のパラメータを動的に変更できるますので、試してみてください。




WebGL閲覧可能ブラウザでご覧ください



▲このページのトップNPO法人 natural science トップ

関連記事

WebGL

仮想物理実験室







▲このページのトップNPO法人 natural science トップ