HOME > natural science Laboratory > コンピュータ・シミュレーション講座 > 仮想物理実験室

仮想物理実験室構築のためのOpenGL入門 平行移動と回転

文責:遠藤 理平 (2012年10月 6日) カテゴリ:WebGL(43)仮想物理実験室(268)

本稿は、「仮想物理実験室構築のためのOpenGL入門」のコンテンツです。 詳細はこちらをご覧ください。

描画対象の平行移動と回転は、すべて行列の乗算で表現されます。 本稿では、平行移動に「mat4.translate」回転に「mat4.rotate」を利用して演算します。


WebGL閲覧可能ブラウザでご覧ください



タグ: ,

▲このページのトップNPO法人 natural science トップ

関連記事

WebGL

仮想物理実験室







▲このページのトップNPO法人 natural science トップ