HOME > natural science Laboratory > コンピュータ・シミュレーション講座 > 仮想物理実験室

四角形の描画で遊んでみよう!「自己回避ランダムウォーク」

文責:遠藤 理平 (2012年10月 8日) カテゴリ:WebGL(40)仮想物理実験室(247)

本稿は、「仮想物理実験室構築のためのOpenGL入門」のコンテンツです。 詳細はこちらをご覧ください。

今回は、自己回避ランダムウォークと呼ばれる、これまでに通過したセルを回避しながらランダムウォークする運動を取り上げます。 高分子の形状の簡単なモデルとして利用されます。 本シミュレータではさらに、リアルタイムに計算した結果をグラフに描画することも試してみます。






WebGL閲覧可能ブラウザでご覧ください



▲このページのトップNPO法人 natural science トップ

関連記事

WebGL

仮想物理実験室







▲このページのトップNPO法人 natural science トップ