HOME > natural science Laboratory > コンピュータ・シミュレーション講座 > 仮想物理実験室

仮想物理実験室構築のためのOpenGL入門 「ブレンディングビューア」

文責:遠藤 理平 (2012年10月20日) カテゴリ:WebGL(43)仮想物理実験室(268)

本稿は、「仮想物理実験室構築のためのOpenGL, WebGL, GLSL入門」のコンテンツです。 詳細はこちらをご覧ください。

ブレンディングとは、ピクセル単位で色の「足し算」や「引き算」などの演算を行う機能です。 アルファ値(RGBAのA)を用いた透明感もこの機能を用いて演出ことができます。 演算の種類は「gl.blendFunc(sfactor, dfactor)」関数により引き数で指定することができるわけですが、 実際の演算でどのような色となるかイメージすることが素人には難しいので、 インタラクティブに演算後の色を確かめることができるビューアを作成しました。


WebGL閲覧可能ブラウザでご覧ください



▲このページのトップNPO法人 natural science トップ

関連記事

WebGL

仮想物理実験室







▲このページのトップNPO法人 natural science トップ