HOME > natural science Laboratory > コンピュータ・シミュレーション講座 > 仮想物理実験室

単純正方格子の3次元グラフィックス

文責:遠藤 理平 (2016年9月 8日) カテゴリ:仮想物理実験室(268)

単純正方格子の空間分布


単純正方格子の単位格子

クリッピングの方法

3次元オブジェクトの断面の作成は任意の2次元平面で切断するクリッピングを用いることで実現できます。 上記単位格子の作成は、6枚の平面でクリッピングを行っています。

	//クリッピング面配列
	var clippingPlanes = [];

	clippingPlanes[0] = new THREE.Plane( 
		new THREE.Vector3( 0, 0, -1 ), //法線ベクトル
		L/2                            //切片d
	);
	clippingPlanes[1] = new THREE.Plane( 
		new THREE.Vector3( 0, 0, 1 ), //法線ベクトル
		L/2                            //切片d
	);
	clippingPlanes[2] = new THREE.Plane( 
		new THREE.Vector3( -1, 0, 0 ), //法線ベクトル
		L/2                            //切片d
	);
	clippingPlanes[3] = new THREE.Plane( 
		new THREE.Vector3( 1, 0, 0 ), //法線ベクトル
		L/2                            //切片d
	);
	clippingPlanes[4] = new THREE.Plane( 
		new THREE.Vector3( 0, 1, 0 ), //法線ベクトル
		L/2                            //切片d
	);
	clippingPlanes[5] = new THREE.Plane( 
		new THREE.Vector3( 0, -1, 0 ), //法線ベクトル
		L/2                            //切片d
	);
	//形状オブジェクトの宣言と生成
	var geometry = new THREE.SphereGeometry(L/2,50,50);
	//材質オブジェクトの宣言と生成
	var material = new THREE.MeshPhongMaterial({
		color: 0xFF0000,
		clippingPlanes: clippingPlanes,  //クリッピング面の指定
		side:THREE.DoubleSide
	});


▲このページのトップNPO法人 natural science トップ

関連記事

仮想物理実験室







▲このページのトップNPO法人 natural science トップ