HOME > natural science Laboratory > コンピュータ・シミュレーション講座 > 仮想物理実験室

Nodeバージョンアップ時の仕様変更に伴う、書籍プログラムソースの修正について

文責:遠藤 理平 (2019年3月21日) カテゴリ:TOPICS(44)仮想物理実験室(312)

該当書籍:Arduino & HTML5による IoTアプリのつくり方 ~センサーと最新ウェブ技術でアイデアを形に~

「SerialPort」利用時の「区切り文字」の指定方法が書籍執筆時(Node 6.9.1)から変更となりました。書籍のp.272以降で該当箇所を以下のとおり修正があります。
-----------------------------------------------------------
旧(Node 6.9.1にて動作確認)
-----------------------------------------------------------
var serialport = new SerialPort(portName, {
baudRate: 115200,//Arduinoと統一する
dataBits: 8,
parity: 'none',
stopBits: 1,
flowControl: false,
parser: SerialPort.parsers.readline("\n")//パース単位を改行で行う
});
-----------------------------------------------------------
新(Node 10.15.3にて動作確認)
-----------------------------------------------------------
var serialport = new SerialPort(portName, {
baudRate: 115200,//Arduinoと統一する
});
//パース単位を改行で行う
var parser = serialport.pipe( new SerialPort.parsers.Readline({ delimiter: '\n' }) );
-----------------------------------------------------------
ご不明な点などがありましたら、お気軽にお問い合わせいただければと存じます。



▲このページのトップNPO法人 natural science トップ

関連記事

TOPICS







仮想物理実験室







▲このページのトップNPO法人 natural science トップ