HOME > natural science Laboratory > ものづくり講座 > AVRマイコン TIPS集

AVRのスイッチ入力

文責:佐瀬 一弥 (2010年2月24日) カテゴリ:AVRマイコン TIPS集(38)

回路図


AVRのスイッチ入力部分の回路図

スイッチを押すと、AVRへ0の信号が送られる。同時にLEDが光る。

プログラム

AVRのプログラムではプルアップを有効にする必要がある。 プログラム例を示す。C0~C3にスイッチの信号を送る場合のプログラム。ただし、 *は任意(0か1)。

DDRC  = 0b****0000;//C0~C3を入力ピンに設定
PORTC = 0b****1111;//C0~C3をプルアップ
次のプログラムでは、D0~D3のスイッチ入力を反転して、B0~B3に出力する。
#include <avr/io.h>
#include <util/delay.h>

int main(void)
{
	DDRB=0xff;
	DDRD=0;
	DDRC=0xff;

	PORTB=0xff;
	PORTD=0xff;
	
	unsigned char a;

	while(1){
		PORTC=~PIND;
	}
	return 0;

}



▲このページのトップNPO法人 natural science トップ

▲このページのトップNPO法人 natural science トップ