HOME > natural science Laboratory > コンピュータ・シミュレーション講座 > TIPS 集

gnuplot テンプレート
連続 jpg ファイルの作成

文責:遠藤 理平 (2010年9月23日) カテゴリ:TIPS 集(103)

連続 jpg ファイルから動画作成を行うための準備として、連続 jpg ファイルを作成するためのgnuplot テンプレート。

gnuplot テンプレート:1Dwave.plt

2つのフォルダ(例ではフォルダ名「0」「5」)に入っているデータを読み込んで、jpg ファイルとして書き出します。
データファイル名:0.data, 1.data, ・・・1200.data

set terminal jpeg  enhanced font "Times" 20
set tics font 'Times,18'
set rmargin 3
set lmargin 6
set nokey
set yr[0:0.07]

if (exist("n")==0 || n<0) n=0 #変数の初期化

file0(n) = sprintf("0/%d.data",n) #入力ファイル名
file1(n) = sprintf("5/%d.data",n) #入力ファイル名
outfile(n) = sprintf("%d.jpg",n)  #出力ファイル名
title(n) = sprintf("t = %d",n)  #タイトル名

unset label 
set label title(n)  font 'Times,20'  at 8 , 0.065 

set output outfile(n)
plot file0(n) u 1:2 w l lw 2 , file1(n)  u 1:2 w l lw 2

if (n<1200)  n=n+1; reread

出力結果

作成例:無限に深い井戸型ポテンシャル中の波動関数

概要はシュレディンガー方程式に従う粒子の時間発展2:無限に深い井戸型ポテンシャルをご覧ください。

縦軸:波動関数の振幅
横軸:空間軸(x)[nm]



▲このページのトップNPO法人 natural science トップ

▲このページのトップNPO法人 natural science トップ