HOME > natural science Laboratory > ものづくり講座 > ものづくり講座 授業日誌 > 応用編

【2009.12.18】
C言語とOpenGLを用いてゲームを作ろう!!(その2:ラケットでボールを跳ね返す)

文責:八重樫 和之 (2009年12月18日) カテゴリ:応用編(156)

C言語基礎文法の応用として、ボールを打ち合うゲームを作っています。前回は、ボールを壁に当たった際にif文を用いてボールを跳ね返しました。 今回は、それを応用し、ラケットでボールを打ち合うゲームを作っていきます。 ラケットをキーボードで移動させ、ボールと座標が一致した場合にボールを跳ね返します。 また、これを応用し、ブロックくずしのプログラムを作りました。 以上を通して変数やif文ついての使い方を実践してみました。 年内の授業は今回で最後です。 年明け、次回はC言語を用いてモーターなどハードウェアを制御していきます。

yattemiyou091218.gif



▲このページのトップNPO法人 natural science トップ

▲このページのトップNPO法人 natural science トップ