HOME > natural science Laboratory > ロボティクス講座 > ロボティクス講座 授業日誌

【2009.11.13】レモン電池測定装置制作の準備

文責:佐瀬 一弥 (2009年11月14日) カテゴリ:ロボティクス講座 授業日誌(14)

体験編は、自動温度制御装置の制作に必要な技術を習得します。 自動制御装置の構成は、計測、演算、制御に分けられます。 まずは、このうちの計測についての実習を行います。 目標はレモン電池の起電力を10分間測定し 測定データをPCに記録し、グラフとして出力することです。 今回は、その準備として、 LabVIEWのプログラム開発の基礎知識、 データ計測集録デバイスDAQの使い方を扱いました。 最終的には、今回扱った知識を応用して、 測定している電圧値のチャートへの可視化を実現しました。
次回は、LabVIEWのデータ記録する方法、 電圧測定プローブの製作を行います。


LabVIEWで作成したプログラム



▲このページのトップNPO法人 natural science トップ

▲このページのトップNPO法人 natural science トップ