TOP > n.s.研究所 > 研究テーマ > 人の認識に関する研究

研究テーマ

公開日:2008年10月 1日 人の認識に関する研究
視覚・聴覚刺激の統合によるヒトの動的な適応性の最適化


環境に対する適応性は、進化の過程における生存競争の中で重要です。動物においては、危険物をいかに回避するか、運動する被食者をいかに効率よく捕獲できるか、といった動的な適応性が重要になります。本研究ではヒトの動的な適応性の機構を明らかにし、ヒトと機械とのインターフェースに応用する。運動する物体に対するヒトの動的な適応性の機構を、運動制御におけるリズム生成という視点から明らかにし、時間遅れを含むフィードフォワード制御モデルを用いて、心理物理実験で観測されたヒトの感覚運動制御システムの制御を実現します。

■連携機関 東北工業大学 沢田研究室

報告リスト

日誌リスト





n.s.研究所

About n.s.研究所

Activity 活動予定

Thema 研究テーマ

単細胞生物の行動に関する研究

多細胞生物の行動に関する研究

社会性昆虫の行動に関する研究

人の認識に関する研究

環境に関する研究

Thema 開発テーマ

ロボットの開発

作ってみた

Lecture 講義

コンピュータ・サイエンス講座

マイコン・サイエンス講座

Library ライブラリ

LabVIEWを使った物理数学集

VisualC++

Report 報告

学会等での発表

論文発表

その他の報告