HOME > natural science Laboratory > コンピュータ・シミュレーション講座 > 仮想物理実験室

VisualC++ と OpenGL を利用した仮想物理実験室
【3-5】球と球の衝突(1次元)

文責:遠藤 理平 (2010年5月 1日) カテゴリ:仮想物理実験室(277)

コンピュータ・シミュレーション講座 に興味のある方は、こちらをご覧ください。

    • 【3-5】エネルギー保存則と運動量保存則:球と球の衝突(1次元)
      • ・(3-5-1)球体同士の衝突
      • ・(3-5-2)重力+球体衝突のアルゴリズムの導出
      • ・(3-5-3)重力+球体衝突による運動のシミュレーション

VisualC++ と OpenGL を利用した仮想物理実験室

第0章 仮想物理実験室の構築

第1章 様々な運動

第2章 ニュートンの運動方程式

第3章 剛体の運動(エネルギー保存則と運動量保存則)

付録

  • 【A-1】参考文献
    ・(A-1-1)OpenGL について
    ・(A-1-2)VisualC++ について
    ・(A-1-3)物理シミュレーション
    ・(A-1-4)数値計算

未分類

力学

量子力学

波動論



▲このページのトップNPO法人 natural science トップ

関連記事

仮想物理実験室







▲このページのトップNPO法人 natural science トップ